9.11なのにこの雰囲気。

2009/09/11
未分類 0
2001.9.11

あの同時多発テロは世界が動いた大事件なのに、なんで親米といわれる日本の国のマスコミはこんなに静かなのか気になる。Yahoo!ニュースもわざわざ検索して探さないと9.11の文字がみつけられらない。

海外の事件なのでしょうがないのかなぁ?と思ってYahoo!JAPANの海外トピックスを見るも、そこすら9.11テロ関連の記事がない。  ・・・まぁ、・・・今の日本の政権状態から考えてみれば当然だったかもしれない。

 ・自民党=親米協力体制で対テロ戦争支援 日本の軍備維持or拡大でアジア有事に備える
 ・民主党=アンチ対テロ戦争支援 日本の軍縮で中韓のご機嫌取り

という背景があるので、民主与党になった今、妙に9.11を思い起こさせて国民に対テロ戦争への日本としての関与に関心を向けさせないようなマスコミの意図がはたらいてますよね。

もちろんアメリカからは「日本も対テロ戦争支援継続を」と強くいわれているわけですが、民主党的にはアメリカのご機嫌取りよりも中韓関係を大事にしたいので、不都合な情報として9.11関連は控え気味になっているんですね。

まさに政治的な圧力で左右されてマスコミが世論操作しているのがわかる現象だと思います。世論操作の第一歩は情報統制からですから、政権に不都合な情報は知らせない。


とはいっても、もちろん僕は国家陰謀論者でもなんでもないので、マスコミを構成するミクロな部分では世論操作の意識は全くなくて、記者と政党関係者、お金を出すスポンサーとそれを糧に生活する人々といった社会関係の中で、お互いがうまく世渡りするための必然として積もり積もった隠蔽や情報のフィルタリングが、マスコミというマクロな部分で大きなベクトルとなって、結果的に情報操作につながっているとおもってる。

もっとも現代日本社会では操作といっても捏造やウソには厳しいので、知らせないことが中心となる。知らせないだけなら、ツッコミが入ってもツッコミを回避ができるので、無難で当然の流れだと思います。


いまや、日本の国民は「知る権利」は有っても、その行使をマスコミに委ねる事は事実上望めない社会構造になっている。しかもそういう中にいることも知らされない状況になっているので、もっと一人一人がメディアリテラシーをもたないといけないと思う。

僕の高校の後輩の中には、次の春から情報系の社会学を大学で学ぶ予定の子もいるわけだけど、情報が世界をリアルタイムにつなげてあらゆることが国際化する中で、自国の置かれたステータスを知ることは、何かを考える上でのニュートラルを作る本当に大事なスタートになるので、まずどんなことを勉強するよりも、今自分が置かれた社会的な構造の裏を読む能力を養っていってほしいなーとかえらそーに思ってみた。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
未分類