いろいろ初めてな仕事だった。

2009/10/03
お仕事レポート 0



昨日は生放送の音声にいってきました。

実はテレビのスタジオ生放送は初めてです。

生放送は関西にいた頃やっていましたが、生といってもFMラジオか、ロケ先の生中継音声だったので、今回みたいなテレビのスタジオ、副調での生は初めてで、緊張しました。

フジテレビのV7スタジオ初潜入。
ちなみに階下のV1スタジオではOA終了で「とくダネ!」が撤収してました。


今回の内容的にはコペンハーゲンで行われたIOCのオリンピック開催地投票をフジテレビのCSで決まるまで12時間生放送するというもの。

コペンハーゲンのIOCから衛星で送られるIOC公式中継回線、フジの取材班中継回線、電話回線、同時通訳回線、東京都庁他各地との中継回線。全部で10回線くらい開いてました。



人生初の経験でいきなりキー局全国生放送。しかも衛星回線、電話回線、同時通訳回線、地上波の報道スタジオとの受け送り。ハードル高くない???
卓には回線のほかにVTR数台、スタジオ出演者のマイクが立ち上がってました。

卓はSONYのDMX-B7000
たしか京都の新風館のサブもこの卓だったはず。

この日は2人でミックス。僕はマイクの担当、フジのミキサーさんが回線担当という分担で進行していました。

副調のスイッチャーが「まもなくスタジオおりまーす。○○行きます、△秒前~」っていうたびに楽しい緊張。 テレビの副調って本当に面白い現場だと思った。昔あこがれてた現場そのもの。



12時間の生放送だけど、現地中継のために途中まるまる1時間単位で衛星回線に乗り換えてるので、間が結構暇だったりする。その間にケータリング食べたり、局内うろついたり、写真撮ったり。

仕込みから撤収まで11時から27時までの16時間でした。
やっぱりなんかお祭りみたいで楽しいですねテレビ局って。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
お仕事レポート