爆薬は甘い。

2009/12/04
日々の雑感 0
自衛隊の基本は何でも味見する事みたいな伝説を聞いた事がある。
極限環境で生き残る為には食べる事。食べる為には毒味をする。だから何でも味見するんだと。

で、その通り爆薬も食べたらしい。記事にはなめた爆薬の種類書いてないけど多分C4(Composition4=プラスチック爆薬)。粘度みたいなあの爆弾。ご多分に漏れず甘い。爆薬のほとんどはニトロ化合物が多かれ少なかれ含まれるので甘いものが多い。

多分なめさせた自衛隊の教官は

・ニトログリセリンはなめても無害。しかも甘い。(これは事実)
・C4も甘い。(これも事実。)
・だったらC4も無害だろう!(これは間違い。C4の主成分RDXは有害)

という流れだったんだと思う。
爆薬で甘いもの同士だしきっとニトログリセリンと同じ成分だ!って思い込んで、C4粘土食わせたんだろう。まぁ、甘いし誰も危険だと思わず疑いもなく食ったんだろうね。ちなみにC4自体は単体では食っても噛んでも叩いても爆発しないので(爆発物としては)安全です。C4主成分のRDXは(毒物生理学的に)危険だったんですが、そこに気づかなかったのがアンポンタン。


ニュース日記なのでちらっと見たら、みんなニトロだろうって書いてるけど数適のニトログリセリンをなめたぐらいじゃ誰も病院送りにならない。ニトログリセリンを病院送りになるほど口にした日には胃が爆弾になってる。

どうでもいい軍オタ知識でしたwwww


************************************


爆破薬なめさせ中毒 処分発表


陸上自衛隊古河駐屯地(茨城県古河市上辺見)は4日、新人隊員に爆破薬をなめさせ22人が急性薬物中毒になったとして、第4施設群の2等陸尉(26)ら教官3人を減給、監督責任のある同群教育隊長の1等陸尉(31)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。

駐屯地によると、2等陸尉は08年8月29日、城里町の訓練場で実施した新人隊員31人に対する爆破訓練教育中「爆破薬は無害だ。なめてみないか」など言いながら少量ずつ配った。興味を示した24人が口に含み、うち22人が吐き気などの急性薬物中毒症状を訴え、2~13日入院した。

 同駐屯地は、2等陸尉を減給5分の1(1カ月)にしたほか、2等陸尉に爆破薬が無害との誤った認識を与えたとして、別部隊で新人1人に爆破薬をなめさせた同群の2等陸曹(35)を同15分の1(2カ月)、過去に爆破薬を食べたと話した第1施設団の3等陸曹(26)を同30分の1(1カ月)にした。

 同駐屯地広報担当は「経緯の内部調査に時間がかかった。再発防止に万全を期す」とコメントした。【宮本寛治】
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
日々の雑感