とある音屋の日常 「C3PROJECTスタッフBlog」

スタトレのカーン役逝去 -STAR TREK II : The Wrath of Khan-

2009/01/16
未分類 0
「スタートレック」のR・モンタルバン氏死去、88歳



僕がSTAR TREKにどっぷりはまるきっかけは、小学校5年生か4年生のころに関西テレビの深夜に放送してた新スタートレック、いわゆるTNGを見たのがきっかけでした。
ちょうどTNG第1シーズンの放送をしてて、スタトレでは後に「困ったときは青い光」といわれているくらいに印象的で綺麗な青いビジュアルに魅せられてファンになりました。

TNGでスタトレを知ったのをきっかけに、地元の図書館でスタトレの映画ノベライズを全部読み、TOSのノベライズも全部読み・・・と、小学生にして映像だけでなくノベライズによるスタトレ正史、世界観までしっかり把握した立派なトレッキーだったとわれながら思いますwww


その愛すべきスタトレの名優、「カーンの逆襲」で優性人類を率いたカーン役、リカルド氏がが逝去したのはとても残念です。

スタトレももう何十年と続いているシリーズだけに、亡くなった俳優も多く、そのたびに残念に思います。

原作のジーン・ロッデンベリー氏、その夫人メイジェル・バレットさん、マッコイ役デフォレスト・ケリー、スコッティ役ジェイムズ・ドゥーアンなど、メインの役者や製作者も亡くなっています。


健在の俳優諸氏にはスタトレ風に言うと、「長寿と繁栄を」という気分でいっぱいです。
そして逝くときは「死ぬにはいい日だ」と笑って逝く人生であってほしいと勝手に願っています。
(TOSメンバーだけでなく、TNGメンバーも寄る年波を感じる今日ですからね・・・。データも前作で爆死しちゃいましたがアゴのあたりが年齢を感じるようになってたしwww)


そして今日知ったのですが、2006年にハヤカワ文庫のスタトレシリーズのノベライズを素晴らしい翻訳で読ませてくれたボケネコ先生こと斉藤伯好先生もお亡くなりになっていたそうです。とってもしょっくでした。(僕が大学のころからスタトレの版権が角川に移ったのか、VOYのノベライズが角川スニーカー文庫からでているのだけど、翻訳がボケネコ翻訳と違いすぎて、まったくクソ。読めた作品ではなくなって読者的にトラウマ。それ以来ノベライズを読んでいない。というか読めない。)



スタートレック、本当に素晴らしいシリーズなのに、いまいち日本ではスターウォーズの陰になって評価されないのが、ファンとしては悔しいところ。

まぁ、おかげでにわかファンが増えないので、ある意味うれしいことでもあるのだけど。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
未分類