とある音屋の日常 「C3PROJECTスタッフBlog」

サウンドエンジニア、サウンドデザイナーとしてレコーディングからPAまで音の仕事ならなんでもおまかせC3PROJECTの日常。

T.C.Electronic BMC-2(モニターコントローラ)レビュー 

前回のBlog記事を描いてから相当長い間を開けてしまいました。
元気でやっております。C3PROJECTの中の人です。

お仕事の近況報告としては、

・民放テレビ局番組のMA、生放送音声技術
・コマーシャル・映画等の同録
・映画、各種映像系の音響効果・選曲
・吹替アフレコ
・アーティストプロモーション映像のサウンド制作
・コンシューマーゲーム、ソーシャルゲームの効果音制作
・パチンコなど遊技台関連のサウンド制作

という音の何でも屋さんとして相変わらずお仕事させていただいております。
お仕事に関してはいつでも絶賛受付中でございますので、コチラから ご遠慮なくお問い合わせください。


***********************************************************************************

さて、今日は新しくモニターコントローラを導入したので「 T.C.Electronic BMC-2 」のレビューです。

▼T.C.Electronic BMC-2 アナログ入力無し。デジタル入力が核のモニターコントローラ
lrg_BMC2_persp.jpg

以前C3PROJECTのプライベートスタジオではミックスの中心にM-AUDIOのPROJECTMIX I/Oを使っていたため、PROJECTMIX I/Oのモニターコントロールを使っていたわけですが、先般Blogでもレビューしたとおり、AVID ArtistMix にシステムを置き換えたため、モニターコントロールを失った状態で作業していました。

モニターコントロールの重要性は言わずもがなとは思いますが、ミキシングの最中に常に一定の音量でモニタリングすることは作業品質の一貫性のために重要で、そのためにソースの切り替えや、CUT・DIMMER機能(一時的に音をOFFしたり一定量で音量を絞る機能)、モニター音量を細かく調整することのできる高性能で使いやすいモニターコントロールは不可欠です。

近年、DAWの普及でミキサー卓を装備しないスタジオが増えたため、従来、卓で担っていたモニターコントロールの機能を単体で提供するモニターコントローラーの意義、需要が高まっており、Mackie社の BIG KNOB 、Presonus社の Central Stationなどが中小規模のスタジオでもよく見かけられます。

BIG KNOB や CentralStation がブースとコントロールルームのコミュニケーション用にトークバック機能を用意したり、複数のスピーカーの切替機能を有しているのに対して、BMC-2ではトークバック機能なし、入力はデジタルのみ、出力はアナログ1系統のみという割り切りぶりは、ブースもなくスピーカーを複数置くこともなく、ミキサー卓は使わずオーディオインターフェイスのみを核とした個人宅のDAWスタジオをよく理解した製品だといえるでしょう。

その甲斐あってBIG KNOB や CentralStationと比べても非常にコンパクトでスマートなサイズに仕上がっていて、机の上でも邪魔にならない手のひらを広げた程度の大きさなのはとても好印象です。 私の環境では、机の上のAVID ArtistMixの横に置いていい具合の大きさとデザインで大変気に入りました。

▼ArtistMixより奥行きは小さい。手のひらを広げたサイズにこの高機能が詰まっているとは・・・bmc1.jpg


BMC-2はアナログ入力無し、デジタル入力に特化したモニターコントローラーで、入力仕様は、

・SPDIF(AES入力可能)
・ADAT(1-2及び3-4chまで。5ch以降の信号は取扱不可)
・TOS

の3系統を持ち、この入力3系統をアナログ出力1系統と、デジタル出力1系統に出力するコントローラーです。
(SPDIF、ADAT、TOSの各出力は、任意の1つを音量コントロール後の信号出力に設定でき、残る2つの出力は、モニターしているデジタルソースのスルーアウトとなる構成となっている。)

こうなると見方次第で高品質のDAコンバーターともとれるわけですが、あながちのその見方も間違っていないようで、実際に音を聴くと、オーディオ的にも優れた音質を持っていることがわかります。

▼BMC-2は入出力が全て背面に集約されている。DTM環境で便利なヘッドホン出力も装備。
lrg_BMC2_rear.jpg

試聴なしに導入を決めたので、実は手に入れたBMC-2をつないで初めて音を聞いた時にはそれまでのDACとの音質差に良くも悪くも唖然としたのですが、それまで使っていたPHILIPSのDACの音と比べるとBMC-2はパンチや力強さ、存在感に薄い印象で、音像はふわりと広め。初見の印象は「極めて趣味のオーディオ的な音色」といった感じで、モニタースピーカーにFOSTEX NF1Aを使っているのですが、これが別のスピーカーに変わったかのような印象で困惑してしまいました。


端的に表現すると

・従来のDAC ・・・ 眼前に迫る勢いのある音。荒っぽい元気さ。存在感重視。
・BMC-2 ・・・ 広がりや奥行き感、音の繊細さ重視。空間や空気感が把握できる。

と言った感じ。全く傾向が違うので驚いて困惑して呆然としました(笑

とはいえ、過去に作業したいろんなProtoolsのセッションを開いて数時間耳を慣らしてゆくと、次第にわかってきたのがその奥行きの解像度の高さでした。

従来のDACは、わりと硬質でパッキリとした音質で奥行き浅めのモニター然とした音像だったものが、BMC-2のDACでは広がりを持って遠くまで奥行きを見通せるため、以前は見えなかったリバーブの奥行き感、コンプのリダクションリリースで音が揺れる感じなど細部が聴こえるその音質に驚きました。

エンジニアとしては 「正しくモニタリングできる事」 が大事な条件であって、そこに虚飾などは必要ありませんし、従来のDACもBMC-2もその点ではどちらも別の方向性ではあっても、それを満たしていると思うのでどちらがいいとは言えませんが、少なくともBMC-2の音質は、その奥行の解像感のよさ、繊細さという点で非常に高いポテンシャルを持っているように思います。


また音質面もさることながら、BMC-2には非常に繊細な気配りがなされている部分があります。

その1つが、入力ソースの切り替時や、CUT / DIMなどのレベル変更の際に耳とスピーカーを保護するために極短時間でのフェードイン・フェードアウトで柔らかく音が扱われることです。無遠慮にバツン!と音が切り替わったりせず、ほんの数十ミリ秒の気にならない速度でフェードイン、フェードアウトで音が入ってくるのは非常にいい気分で、気配りの行き届いた製品だと思います。

2つめが、「M/S検聴機能」。モノ成分とサイド成分をそれぞれ切り替えて聞くことが可能で、その際はL/RのメーターがM/Sdenoレベルメーターに切り替わるので、適度なステレオ感を得るためのサイド成分の検聴とレベル監視や、最近ではスマホなどのスピーカーがモノラルの場合もあるのでそういう環境想定で有効なモノラル環境での試聴もイッパツで可能です。
特にモノラルとステレオで交互にモニターし、その際の聴感差を埋めるようなミックスを追い込むことでバランスの良い音に仕上げるという事をする私にとっては大変便利な機能でした。

3つめは、12セグメントデジタルフルスケールの大型ピークメーター。手元で常にマスターのデジタルピークを見ることができるのは非常に便利です。-60dBFS~0dBFS、さらにO/Lまでの広大なレベルを12セグメントのLEDで細かく監視できるのはレベル管理の意味でも非常に有効な機能ですし、何より見た目がカッコいいです(笑)

▼仕様設計も練り込まれ欲しい機能が集約されている上に見た目の仕上がりも良い。
bmc2.jpg

BMC-2は製品自体の設計、仕様もしっかりしていますが、見た目の高級感にも気を使っていてとても好印象です。
筐体のアルミヘアライン加工、モニターコントロールノブの重厚感とトルク感。LEDインジケーターや自照LEDボタンによるわかりやすいステータス確認性など、商用スタジオでの仕様にも耐える機能と品質、性能を持っていると感じました。

この手の製品は満足するとしてもなにか1つや2つどうにも不満な点があるのが常なのですが、BMC-2に関しては全く不満が見当たらないという、近年稀に見る個人的に100点満点の製品でした。

モニターコントローラをこれから導入検討される方の参考となれば幸いです。


C3PROJECTでは音関連のお仕事を随時受付中です。
MA・吹替/アフレコ・音響効果・SE制作・録音技術・PA/SR...etc 音のお仕事はなんでもおまかせください。
お問い合わせは C3PROJECT WEBサイト のこちらからお気軽にどうぞ!

category: 音響機材関連

プロフィール

C3PROJECTの中の人のTwitter

過去全記事を表示

最新記事

カテゴリ

FAVORITEアイテム達

C3PROJECT関与商品

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

ブログリンク