とある音屋の日常 「C3PROJECTスタッフBlog」

サウンドエンジニア、サウンドデザイナーとしてレコーディングからPAまで音の仕事ならなんでもおまかせC3PROJECTの日常。

彼女できたよーー!!!1 

やあ (´・ω・`)

ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このスレタイを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、そう思って
このスレを立てたんだ。


じゃあ、注文を聞こうか。

-----------------------------------------------------------

つーことで、釣りでしたwwww
でもできたらいいよねwww
何でこんな話になったかってーといろいろあるけど、そのひとつはこれ。

先日の名古屋出張でとある男子学生がいろいろ手伝ってくれました。
一銭も出ないのに、9時前の早朝から教室の錠を開けてくれたり、夜も最後まで残って鍵を閉めてくれたり。日中も授業時間の合間を縫って運び物や雑用、その他いろいろ手伝ってくれました。

そしてそんな彼にいつもついてくる控えめな女の子。彼女もよく気づく人でよく手伝って働いてくれました。まさにいい嫁になる系の女の子。

仕事してる合間のやり取りなんか見てると、すぐに2人が恋仲だとわかりましたw
男の子の方にそれとなく聞いてみたらやっぱりビンゴwww

別に特別かわいい訳じゃない彼女ですが、一歩下がった感じとか、それでいて気が利いてよく動けるあたりとか、端々に気立てのよさがにじみ出てて、いい彼女をもってるなーとうらやましかったワケですよ。

その数日前に出席した高校からの親友の結婚式でも、誰かが挨拶で「女が前に出てはうまくいかない」と言うことをいっていて、それを聞いたときに、「あーそうだよねー」と自分の両親の顛末やら、じいちゃんばあちゃんのエピソードやら、周囲の結婚した友人の実例をみて納得
したわけですが、結婚に至らないまでも、恋仲でもやっぱりそういうもんだと思いました。

こういう考えは古いって言われそうですけど、昔の格言とか知恵とかって、ホントに馬鹿にできないと思います


P.S.名古屋の出張は彼ら2人が居たおかげでスムーズに進んだと思っています。
彼らがココを見ることはないと思いますけど、ありがとう。

category: 未分類

プロフィール

C3PROJECTの中の人のTwitter

過去全記事を表示

最新記事

カテゴリ

FAVORITEアイテム達

C3PROJECT関与商品

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

ブログリンク