とある音屋の日常 「C3PROJECTスタッフBlog」

サウンドエンジニア、サウンドデザイナーとしてレコーディングからPAまで音の仕事ならなんでもおまかせC3PROJECTの日常。

映像と音響効果の一致について考察する。 

私はテレビではドキュメンタリーものが大好きで、特に世界大戦などの戦史などを扱った硬派な作品がお気に入りです。

今回、太平洋戦争当時の海戦を扱った映像の音響効果とMAをすることになり仕込んでいるのですが、太平洋戦争当時の記録映像は音が無い、いわゆる「サイレントフィルム」が多く、そこに音響効果として音を付けていっております。

太平洋戦争当時の記録映像は当然白黒が圧倒的に多く、画と音は別記録です。 音がある映像もありますが、当時の録音はようやく1938年に磁気テープが開発されたばかりという頃。 当時の記録映像、例えばヒトラーの演説記録映像などを見ると分かるのですが非常に音がローファイです。なんとも言えないナローで歪み気味のいかにも古臭い音です。

▼参考資料映像 Adolf Hitler - Speech (1933)




ちなみに磁気テープの開発はドイツで実用化されたわけだが、これはナチス、即ちヒトラーのプロパガンダを広く宣伝するための手段として精力的に研究開発した結果だと言われている。 磁気テープだけのことではなく、NEUMANNやbeyerdynamic、SENNHEISER、AKGなど名だたるマイクの名門がドイツに多いのもナチスが当時最新の映画・録音技術をプロパガンダ利用に熱心だった影響が大きい。


それはさておき話を戻して・・・。

大戦当時のサイレントフィルムに現代の録音素材で音をつけると、音だけがワイドかつクリアなので画と音の質感があまりにも乖離してウソ臭くなる(・・・ような気がする。見る人の感性なので個人差が有ると思うが、僕は若干違和感を感じる。)。

ドキュメンタリー番組を構成する上では、伝えるべき部分さえ伝わってくれれば、当時の記録映像に付く音響効果が真にリアルである必要というのは全くないと思うのだけど、違和感を感じるよりはサラッと聞き流せる自然さが欲しいなと思ったので、現代のクリアでワイド音をあえて古臭くナローでローファイにしてみた。

この時、単にEQなどのフィルタで各成分を削ぎ落とすだけでなく、当時の録音技術背景を考えて作ってみるのがコツ。(というか自己満足だろうか・・・。)
当時の音声記録媒体は蓄音機などのカッティングか、当時実用化されたばかりの磁気テープ。どちらにしてもS/Nはそんなに良くなくダイナミックレンジも狭い。マイクやプリアンプの性能もまだそんなに高くなく、録音/再生時の変換効率や特性の結果どうしても1KHz~2KHzあたりの中域にエネルギーが集中する。先のヒトラー演説映像にも写ってるけど、ヒトラーマイクとして有名なNeumann CMV3 などの中域に寄った音質のマイクが主流。スピーカーの特性も効率重視のスコーカー。当時は真空管で感度の低いプリアンプで目一杯増幅して、リミッティング回路でぶっ叩く。かなり荒っぽい初期の録音技術を考えながらEQとアンプシミュレーター、リミッターを組み合わせてみた。


▼SANSAMP、iZotopeVinyl、SlightlyRudeCompなどでフィルタリングの図
WS000005.jpg


とりあえずプリアンプでの真空管歪み感を再現するためにSANSAMPで歪ませて、その後EQでざっくり処理。S/Nの悪さとナロー感のためにiZotopeVinylをかませて最後にえげつない系ローファイコンプのSlightlyRudeCompをかませてみたのが以下の結果となった。なかなかいいかんじで当時の古臭い感出てるでしょ?


▼サイレントフィルムへ音響効果 (フィルタなし)


▼サイレントフィルムへの音響効果 (フィルタあり)



この設定で音を通すと何でもかんでも1940年代の音になってしまう強力さ。ためしに手持ちの適当なナレーションを通してみたら戦時中の大本営発表放送みたいになってしまいました(笑)


・・・と、そんな事で喜んでるだけでなく、音屋としてはここで音響面だけでなく、作品を俯瞰的に見た場合に本当にこれでいいのかを考える必要もあると思う。

というのは、画と音の質感が一致したことと、関わっているドキュメンタリ作品としてそれがベストなのかというのは別次元の問題だったりする。作品の意図するところをよく汲んで音をつけなければいけない 「音響効果」 として、「注意をひくべき音、注意をひいてはいけない音」を取捨選択するのが肝要だと思いますが、先から話題にしている「違和感」というのも、上手に使いようによっては視聴者の注意を引き付ける武器なのだと思います。 ここぞという時にナローで古臭い音を突っ込むより、あえて画と音との時代的一致がなくても上手に現代的な鮮烈な音を入れてあげることで視聴者の意識を喚起することもサウンドデザイン的な提案だと思いますがいかがでしょうか。

単にリアルを追求するだけでなく、作品の意図を的確に掴み、視聴者の心に届く音響効果をデザインするのもC3PROJECT の仕事です。 ドキュメンタリーばかりでなく、アニメ、ドラマCD、などのアフレコ、MA、音響効果なども一貫してお受け可能です。ぜひともお気軽にご依頼下さい。皆様からのコンタクトお待ちしております。


C3PROJECT ホームページへ


category: 音響効果・サウンドデザイン

C3PROJECTならこんな音響効果も可能です! 

私には高価なので買えない、かつ欲しいプラグインでもないのでWAVESは全くというほど興味ないのですが、先日WAVESで「WAVESのSoundDesignSuite使ってサウンドデザインやってみよーよ!」みたいな趣旨でSoundDesignCompetitionなるものを開催していたようです。

これに気付いたときには既に優勝者が決まって後の祭りでしたが、悔しいので当方での音響効果のレベルがどの程度なのかを知っていただくサンプルも兼ねて、お題の映像にC3PROJECTとして音をつけてみました。WAVESは使っていません。

▼WAVES SoundDesignCompetition By.C3PROJECT (YouTube)


▼作業完了後のセッションの様子。デブリのSEのせいでトラックの密度が高い。
WS000001.jpg

このようにCG映像の場合、音は全くのゼロからの出発となります。
ゼロから音で世界を構築していく作業は、映画のM&E制作、フォーリー制作、ゲームの音響効果も同じくです。特に映像がある場合、近年では映像のHD化により驚くほど高精細になってきています。映像のもたらす視覚的情報量とリアリティに負けない音響を付加すること。それがC3PROJECTならではの技術です。

膨大な量の音素材を高度に編集しミックスダウンするというのはなかなか大変な作業です。当然映像にマッチした音響効果をくっつけるのは熟練した高度な技術が必要となります。 また、リアリティを追求した上での迫力の追及といったさらに一歩踏み込んだ音響効果もC3PROJECTでは安価にお引き受け可能です。

ゲームの音響効果制作、映画音響効果、ドラマMAなど、あらゆる音のお仕事はC3PROJECTにお任せください!
お問い合わせ、C3PROJECTについての情報は http://c3project.ddo.jp からどうぞ!


category: 音響効果・サウンドデザイン

thread: クリエイターのお仕事 - janre: 就職・お仕事

【効果音】ジュクジュクジューシーな音。 

みなさーんハッピーバレンタイン!!
最近24型ワイド液晶を購入し快適作業なC3PROJECTの中の人です。
只今、ゲームの効果音を製作しております。

▼プライベートスタジオで作業中。分厚い効果音指示書と24型ワイド液晶で快適なProtoolsの画面。

ss_20110214051304.jpg

今回のお仕事では180個近い効果音を作っていますが、中には作業が簡単に終わる音もあるし、何個も音を重ねたり、いろんな加工をしたりして面倒くさい音もあります。

いわゆるフォーリーに分類される簡単な物音の効果音などは、収録して前後をカットしてレベルを整えたり軽くEQするだけで良いので録音さえちゃんと出来ればそんなに面倒臭くはありません。

ところがこれが、現実に音を収録するのが困難な音になると、途端に面倒くさくなります。
例えば「腐乱死体の入った木箱を倒して、中から腐敗した何か様々な液体がこぼれ出る音」というのになると、ちょっと想像力とか収録するにもネタを用意したりとめんどくさいものになります。

それでも作るのが仕事なのでやりますよ。 そして出来た音がコチラ。

▼「腐乱死体の入った木箱を倒して、中から腐敗した何か様々な液体がこぼれ出る音」
http://c3project.ddo.jp/pub_sound/huran.mp3 (MP3形式 ステレオ 192Kbps)


まぁ普通に考えると、木箱の音はなんとかなるとしても、腐乱死体をどうやって用意するのよ?というか死体なんか用意できるの?できませんよ。そんなもんwww ・・・となりますので、代用品を考えます。そしてここからがC3PROJECTの十八番。「サウンド3分クッキング」なわけです。

音としては、

・木箱の落下音
・死体の転がる音
・ジューシーにジュクジュク熟れ熟れな液状化したグロい音

があればよさそうなので、この3つの要素を用意します。

木箱と死体の転がる音は何とかなりそうなので、ジュクジュクジューシーな腐乱死体から滲み出たオツユをどうするか考えましょう。

腐乱死体は海外の某サイトなんかで写真で見ると、けっこうヌッチャリして周囲にベッチョリとニュルンベルクなオツユが滲み出しているモノが多いです。経験的にも腐った物のオツユって適度に泡立ちながら固形物と柔らかい何かが混ざり合った液体なので、これを再現します。

とりあえず思いついたのが、ヨーグルト。
でもヨーグルトが家にないのと、買って使うのももったいないので却下。

そして次に思いついたのが、家にある片栗粉。
これを湯に溶いてとろみ汁を作ればいいじゃんないの?ということで決行。ラーメン鍋1杯文分の湯を沸かし、水に溶いた片栗粉を投入。アンカケよりやや薄い感じにすればOK。これを雑巾にかけたり絞ったりして録音します。作業が面白かったのと寒かったことで録音中の写真を撮り忘れましたが、録音素材すべてProToolsへ取り込みます。

取り込んで不要部分をカットして整音し各音を時間軸上に配置します。ざっと並べてレベルとタイミングを調整していきます。各音素材同士がぶつかって音を団子にして壊し合わないよう、0.01秒単位で配置を調整したりもします。そして出来上がったのがこちら。

▼「腐乱死体の入った木・・・(中略)・・・な液体がこぼれ出る音」のProTools編集画面

ss.jpg

この音は全部で6トラック、7つの素材で作構成されて・・・

上から順に

・水っぽい足音(水桶に水を張って手で水面を叩いた音)
・ドサっという死体の音(物置棚を揺さぶる音)
・木材を吹っ飛ばすガランガランという衝撃音
・腐乱死体から滴るじゅるじゅるの音。その1とその2
・腐乱死体から滴るじゅるじゅるの音。その3
・木材の破片を落とす音。

というものを混ぜて、それぞれ適度なコンプとEQで作っております。

C3PROJECTではこのような効果音製作技術でゲームはもちろん、アニメ、ドラマCD、映画まであらゆる音のニーズにお応え致します。ご相談、お見積り、お問い合わせはお気軽にC3PROJECTホームページからどうぞ!



category: 音響効果・サウンドデザイン

thread: クリエイターのお仕事 - janre: 就職・お仕事

ゲームSE製作 

ゲームメーカーから「ムービーの生効果をお願いしたい」とうことで銃声サンプル製作中。

開発中のゲーム画面のサンプルムービーを見るとベルセルクのような絵柄のシリアスなファンタジーアクション。企画書を読むと、なかなか想像力をフル回転させても難しい音作り。

シンセとライブラリー、キワモノ系エフェクターの活用してみました。
リングモジュレーターなんか初めて使ったよ(笑)
Protools8になってからA.I.R.系のキワモノ標準エフェクターがつくようになったのでこれをつかってみたのだけど、なかなかよい効果が得られました。

キワモノエフェクターを使う難しさは、現実の音を異世界の音に作り変えることでありえなさ過ぎて音が浮いてしまう一線と、エフェクターでバカみたいな音になるところの紙一重を美味く引き出して、他の素材と混ぜ込むところなんですが、それより何より、現実にない音をイマジネーションすること自体が一番難しいのかもしれません。

僕なんかはこういうとき、クチで「ガヒューン」だの「ドシューッ」だのとやってみて、大まかなイメージをアタマに焼き付けながら、それを現実にするには何の音を用意すれば良いか考えるのですが、現実にない音だけに用意すらできないので、Moog系のソフトシンセを一発用意して、リアルタイムにフィルターいじくりながら基本の音なんかを作ったりします。

Moogの音は面白いけど、あくまで素材なので、ココから空間系や、ハーモニック系、位相系のエフェクトで音を壊していきながら素材を完成させて行きます。

もちろん1個のSEには、厚みを出すためにいくつもの素材が混ぜ込まれているのですが、この素材がひとつに聞こえるように混ぜ込むさじ加減が効果屋の見せ所だと思います。

この苦労考えるとガンダムなんかのビーム系SEなんてほんと上質なSEですねぇ。



category: 音響効果・サウンドデザイン

プロフィール

C3PROJECTの中の人のTwitter

過去全記事を表示

最新記事

カテゴリ

FAVORITEアイテム達

C3PROJECT関与商品

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

ブログリンク